オフィス紹介

院内紹介

*
受 付
*
待   合
*
診 療 室
*
特別診察室

当院の院内感染対策について

当院は、全ての患者様の治療で使用するグローブ(ゴム手袋)、歯を削る時に使用する器具など滅菌・消毒をして治療を行っています。院内感染の不安がなく、安心して治療を受けていただけるように滅菌・消毒に力を入れています。ハンドピース(歯を削る時の器具)の滅菌は専用のオートクレーブ(滅菌機)で必ず滅菌してから使用します。

当院は、厚生労働省が定めた、「歯科外来診療環境施設基準歯科医院」に認定されています。

「歯科外来診療環境体制」とは、歯科診療時の偶発症など緊急時の対応及び感染症対策としての装置・器具の設置などの取り組みを行っている体制のことです。

  1. ① 所定の研修を修了した常勤の歯科医師が、1名以上配置されていること
  2. ② 歯科衛生士が、1名以上配置されていること
  3. ③ 緊急時の初期対応が可能な医療機器(AED、医療ボンベおよび酸素マスク、血圧計、パルスオキシメーター)を配置していること
  4. ④ 診療における偶発症等緊急時に円滑な対応ができるよう、別の保険医療機関との事前連携体制が確保されていること
  5. ⑤ 口腔内で使用する歯科医療機器等について、患者ごとの交換や、専用の機器を用いた洗浄・滅菌処理を徹底する等十分な感染症対策を講じていること
  6. ⑥ 感染症患者に対する歯科治療について、ユニットの確保等を含めた診療体制を常時確保していること
  7. ⑦ 歯科ユニットごとに歯牙の切削や義歯の調整、歯の被せ物の調整等に飛散する細かな物質を吸収できるよう、歯科用吸引装置等を設置していること
  8. ⑧ 歯科診療に係る医療安全管理対策を実施している旨の院内掲示を行っていること

当院は、厚生労働省が定めた、「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」に認定されています。

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所とは?

  1. ① 複数の歯科医師、1名以上の歯科衛生士を配置していること。
  2. ② 保険医療機関である歯科診療所であること。
  3. ③ 歯科訪問診療、歯科疾患管理量、歯周病安定期治療及びクラウン・ブリッジ維持管理用を算定していること。
  4. ④ 訪問診療(往診)、高齢者の特性を踏まえた口腔機能の向上及び管理、緊急時の対応に係る研修を修了していること。
  5. ⑤ 緊急時の対応に必要な体制が整備されていること。
  6. ⑥ 地域で在宅医療を担う連携体制が整備されていること。
  7. ⑦ 滅菌、感染防止に必要な設備がある
  8. ⑧ 院内にAEDや酸素ボンベ、救急蘇生薬剤など、緊急時に対応できる設備、器具などが設置されている

機器紹介

サージテル
歯科用ルーペ(拡大鏡)です。当院では治療に関しては裸眼では行っておりません。全て拡大下にて精密な治療を心がけております。
マイクロスコープ
*歯科用ルーペ(拡大鏡)でも見えない部分や仕上げ等で使用しております。
歯科用CT
当院では患者さんの治療に、精密かつ正確な治療を行う為、最新の歯科CTを導入しています。歯科用CTのメリットは、従来のレントゲンでは見えなかった顎の骨の立体的な形態や、神経の位置などが確認できる事です。
特に、インプラント治療を希望される患者様には、CT撮影を受けて頂いてから診断を行っております。従来は、このCT撮影は大学病院で行っていましたが、当院で撮影する事が可能になりました。
個室のチェア
2012年ドイツのiFデザイン金賞を受賞した新しくきれいなチェアーです。
デジタルパノラマ
最新のデジタルパノラマレントゲンです。X線照射線量が大幅に低減されています。
デジタルのデンタル
最新のデジタルレントゲン装置です。部分的撮影するものです。
オートクレーブ
最新の高圧蒸気滅菌器です。この器械で器具を滅菌しています。しっかりとした感染予防に取り組んでいます。
根管長測定機器
根の治療に使用します。
タービン用の滅菌器
口腔外バキューム
根管治療の道具
根の治療に使用します。
光照射器
プラスチックの樹脂を詰める治療に使用します。
ハンディジェット(自費クリーニング)
強い着色などをきれいにとることができます。クリーニングに使用します。
ミニスターS
*リテーナー、ホワイトニングトレー、マウスガード作製装置
シールドフォース
知覚過敏でしみる歯に塗ってコーティングして、しみを軽減します。
口腔内写真用のデジタルカメラ
*キヤノンEOS Kiss X6iです。歯科専用のカメラにてお口の中を撮影して治療の記録をしっかりと取らせて頂きます。
CAPT-PLUS
*入れ歯や仮歯の調整時の削りかすを吸引する器械です。発生時に切削粉塵を集め感染予防に努めています。
電動注射器
まず表面麻酔(塗り薬)を塗った後に使用します。圧がかかりにくいようにコントロールしているため、痛みが軽減されます。
表面麻酔
*麻酔の前に塗り薬の表面麻酔をしてから麻酔しますので、刺入時の痛みが軽減します。
バリオス970
*歯石の除去や根管治療に使用します。
P-max
*歯石の除去や根管治療に使用します。
高周波電気メス プログ
*歯ぐきの切開や止血などに使用します。
インプランター  シロプロL
*インプランターはインプラントを埋入するための骨を機器です。歯を削る時に使用する機器(タービン)では、顎の骨を削るには回転数が早く周りの骨組織を破壊してしまいます。インプランターはタービンより低速で回転して、骨組織を破壊すること無く、安全に顎の骨を削ることができます。
APミキサーⅢ
*アルジネート印象剤自動練和システム 型を取るための器械です。

大切な患者様へ、新型コロナウイルス対策について当院からのお知らせです

  • 医院入口、待合/診療室の入口、診療室/裏口の常時開放
  • 口腔外バキューム等による飛沫感染の防止の徹底

大切の患者様へ新型コロナウィルス感染拡大防止のため、院内では先日より下記のことをお願いしております。

  1. 患者様への感染拡大防止のため、来院時に手指アルコール消毒をお願いします。
  2. 体温測定を実施しております。
    (37.5℃以上の方の診察はお断りさせていただいております。予約の延期、変更をお願いします)
  3. 待合室では可能なかぎり、ご家族以外の患者様との間隔をあけてお座りください。
  4. 受付に、アクリル板のウィルスガードの設置をさせて頂きました。

発熱や喉の痛み・せき・息切れ・強いだるさ(倦怠感)などの症状がある方、濃厚接触の疑いがある方は感染拡大防止のため、ご予約の延期をお願い致します。

当院では安心して受診して頂けるように、新型コロナウイルス対策として以下のことに取り組んでおります。

院内感染予防として 普段から行っている取り組み

  1. 歯科医師・歯科衛生士の治療中のマスクとグローブ・ゴーグルの着用
  2. グローブの患者様ごとの交換
  3. 患者様用のエプロン・コップは使い捨てのものを使用し、患者様ごとに廃棄
  4. お口の中に触れる治療器具はドリル等のハンドピースを含め患者様ごとに交換・消毒・滅菌
  5. 診療台や操作パネル等の消毒液による清拭
  6. スタッフの頻繁な手洗い・手指消毒
  7. 口腔外バキュームの使用
  8. 診療内の空気清浄機の稼働

新型コロナウイルス対策として 追加で行っている取り組み

  1. 玄関、待合室への消毒液の設置
  2. ドアノブや取っ手、手すりの消毒液による清拭
  3. 待合室ソファの消毒液による清拭
  4. 受付に消毒液の設置
  5. 定期的な換気
スタッフのマスク着用及び今後の初期対応について

歯科医師・スタッフからの飛沫感染防止の為、現在はカウンセリング時や治療の説明、受付・会計時もマスクを外さずお話しさせて頂きます。 お顔を見せずに大切なお話をするのは不本意で、皆様にはご不便、ご迷惑をおかけしますが、ご理解、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症の拡大により、いつ、誰が陽性になってもおかしくない状況です。
万が一、陽性になった場合、患者様も保健所による聞き取り調査の対象になる可能性があります。
無症状の場合は対応はできませんが、発熱(風邪だとしても)や咳、体調の変化があった場合はコロナ陽性ではなくても、早期の出勤の停止、自粛を当院スタッフには指導しております。
結果コロナ陰性だとしましても、陽性だった場合に患者様、患者様のご家族様、保健所の皆様にかかるご負担を考え、そのように対応させて頂きます。濃厚接触が判明した場合も同様と致します。

この対応により歯科医師や歯科衛生士が担当している患者様には、当院から急にご予約の変更(キャンセル)をさせていただく可能性がありますことをご理解とご協力のほど宜しくお願い致します。